02:06:36 [r_takaishi_'out] ; *.net *.split
02:07:50 [r_takaishi_'in]
02:16:56 [potix2'out] ; Remote host closed the connection
03:16:08 [potix2'in]
03:20:37 [potix2'out] ; Ping timeout: 260 seconds
07:29:45 [g000025'in]
07:30:08 <g000025> 今日も Successful Lisp / David B. Lamkins ぼっち読書会やります
07:30:35 <g000025> (((Chapter 24 - FORMAT Speaks a Different Language)))
07:30:42 <g000025> http://psg.com/~dlamkins/sl/chapter24.html
07:30:58 <g000025> formatの説明ですね
07:31:32 <g000025> ((((FORMAT rhymes with FORTRAN, sort of...))))
07:36:40 <g000025> formatは同名のfortranのformat関数に由来するとのことですが、lisp的に変化したというような説明ですね
07:36:52 <g000025> ((((Formatting))))
07:50:55 <g000025> 出力についての網羅的な説明です。網羅的ですが、使いそうなところが重点的に説明されていて実用的かなと思いました。リファレンスとして使うのに良いですね
07:53:22 <g000025> ((((Iteration))))
07:53:33 <g000025> リストを引数にとっての繰り返しの解説です
07:54:31 <g000025> Common Lispには文字列のjoin的な関数がないんですが、formatで~{~A~^ ,~}とすることが多いからかもしれません。
07:54:34 <g000025> まあ、join欲しいですね
07:54:56 <g000025> ((((Conditionals))))
07:58:50 <g000025> 条件による切り分けについての説明です
07:59:04 <g000025> 便利なんですが、この辺を活用しだすとカオスになってきます
07:59:26 <g000025> ((((Floobydust))))
08:00:32 <g000025> 指示子の引数も外から与えることができるのですが、それにはVを使います
08:00:56 <g000025> これは便利に使える機能ではあります
08:02:19 <g000025> 以上で24章は終わりです。実際使うところでは、この章の範囲を覚えればOKかなと思います
08:02:26 <g000025> 次回は、25章からです
08:02:40 [g000025'out] ; Quit: quit
08:09:30 [potix2'in]
08:09:49 [potix2'out] ; Read error: Connection reset by peer
08:10:06 [potix2'in]
08:16:04 [potix2'out] ; Remote host closed the connection